広島でNIPTを受けたい人におすすめのクリニック【かいせい他】

広島でNIPTおすすめのクリニックを紹介-min 中国・四国

 

今日は広島にあるNIPTクリニックを紹介致します。

 

昨今、晩婚化が進んできております。

その結果、出産の年齢も上がってきており、相対的に胎児のダウン症のリスクが高くなっており、出世前診断を受けたい方は年々増えてきております。

 

特に非確定診断でありながら検査精度が極めて高いNIPTの需要は増えてきております。

 

今回は、2つの無認可施設でNIPT検査を受けた著者が、広島にあるおすすめのNIPTクリニックを紹介していきます。

 

・広島にあるNIPTクリニックを知りたい

・かいせいクリニックでNIPTを受けられるってホント?

 

これら広島でNIPTを受けたい方へ有益な情報を提供致します。

 

スポンサーリンク

広島でNIPTを受けたい人におすすめのクリニックを紹介【かいせい他】

赤ちゃん・胎児

 

広島でNIPTを受けたい方におすすめのクリニックは以下の通りです。

 

35才以上の方は、中電病院広島大学病院がおすすめ(認可施設)

35才未満の方、もしくは費用を抑えたい方は、かいせいクリニック(平石クリニック提携) がおすすめ(無認可)

 

広島では、中電病院・広島大学病院、そしてかいせいクリニックの3つの施設でNIPTを受けることが出来ます。

 

35才以上の認可施設での検査資格がある方は、中電病院か広島大学病院がサポート体制が整っているのでおすすめです。

  

一方で、35才未満の方やNIPT検査費用を安くしたい方は、かいせいクリニック(平石クリニック提携) がおすすめです。

詳細を詳しく解説していきます。

 

広島大学病院・中電病院の特徴

広島大学病院は、広島駅からバスで15分の距離にあります。

 

 

広島大学病院は、がん治療などの指定医療機関として認定されております。

 

中電病院も、広島駅からバスで20分ほどの場所にある病院です。

 

 

特徴:NIPT認可施設である

広島大学病院と中電病院は、日本医学会が認めたNIPTの認可施設です。

認可施設として認められるには、各種サポート体制が整っていることが必要となります。

認可施設でNIPTを受けることのメリットは以下の通りです。

 

・専門の遺伝カウンセリングが受けられる

・陽性時に一貫したサポートが受けられる

 

遺伝カウンセリングとは、出生前診断の一種であるNIPT検査で分かる胎児の疾病の内容や、検査の限界を説明頂くものです。

上記メリットがあるので、基本的には認可施設で検査することをおすすめしています。

 

特徴:35才以上の方や条件に合致する人のみ検査が可能

一方で、認可施設でNIPTを受けるには以下の条件の内、どれかに合致する必要があります。

 

・ 胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。

・ 母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。

・ 染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。

・ 高齢妊娠の者。

・ 両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が 13 トリソミーまたは 21 トリソミーとなる可能性が示唆される者

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/guidelineForNIPT_20130309.pdf

 

上記「高齢妊娠の者」とは、基本的には分娩時に35才以上の方が対象となります。

この条件があるため、NIPTは35才以上の方が受けられる検査と言われております。

 

この条件をクリアできない方、つまり35才未満でNIPTを受けたい方は無認可施設で検査を受ける必要があります

 

特徴:他にも検査を受けるための条件がある

35才以上の方であっても、以下の条件がありますので、合致するかどうかを事前に確認しましょう。

 

広島大学病院でNIPTを受けたい場合、妊婦検診を同院で行っている必要があります。

地元の産婦人科などに既に通っている場合は、検査を受けることが出来ません。

 

また中電病院では、紹介状がある方のみ受診可能となります。

中電病院は、妊婦個人が申し込むことが出来ません。

かかりつけの産婦人科の先生に相談して、紹介状を作成してもらう必要があります。

 

紹介状を書いて貰えるかは産婦人科の先生の判断になる上、紹介状作成の費用もかかります。

 

特徴:費用が高い

NIPTは検査費用が高いことが特徴です。

広島大学病院と中電病院の概算費用は以下の通りです。

 

広島大学病院:検査費⇒ 約20万円 、カウンセリング⇒初診時1時間 13,900円

中電病院:検査費⇒約21万円、相談料(初回)⇒ 8,500円

 

NIPTの事前カウンセリングと検査費で21万円以上かかります

決して安い額では無いので注意が必要です。

 

かいせいクリニックの特徴

かいせいクリニックは、2003年に開業したクリニックで、八丁堀駅から徒歩4分のところにあります。

  

 

内科、胃腸内科の病院で、院長は海生 英二郎氏です。

海生先生は、総合内科や消化器病の専門医です。

 

特徴:無認可施設

かいせいクリニックは、NIPTの無認可施設です。

日本医学会の方針に準拠していないため、無認可扱いとなっています。

 

ただ無認可施設にもメリットがあります。

 

・ 35才未満でもNIPT検査を受けることが出来る

・ 簡単に検査を受けることが出来る(休日来院可や、来院回数の制約が少ない)

・ 認可施設と比較して、価格が安い

 

特に35才未満の妊婦の方は、現状無認可施設でしかNIPTを受けることは出来ないので、無認可を選択するしかありません。

 

また値段も認可施設の平均21万円と比べて、18万円と安価なので、お金を節約したい方にとっては選択肢に入るクリニックです。

特徴:NIPT平石クリニックと提携

かいせいクリニックは、NIPT平石クリニック と提携しています。

 

平石クリニックは東京にあるNIPT専門のクリニックです。

全国のクリニックと提携しており、地方に住んでいる方でもNIPTを受けられる環境を提供しております。

詳細については以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

 

無認可施設でも大丈夫?

無認可と聞くと危険なイメージがありますよね。

著者は今まで、2つの無認可施設で検査を受けてきました。

その経験からですが、「最低限のNIPTの知識があれば無認可でも問題ない」と言えます。

 

母体から採血して検査機関へ送るだけ

NIPTの検査は、母親の血液を10ml~20ml採血して、その血液を検査機関に送るだけです。

なので採血するところが無認可でも、検査結果は変わりません。

今回のかいせいクリニックと提携している平石クリニックは、イギリスの検査機関へ血液を送付しています。

 

検査機関: Yourgene Health イギリスマンチェスター本社 (2014/7/4上場)

平石クリニック https://www.nipt-clinic.jp/

 

イギリスは全妊婦が公費でNIPTを受けることが出来るNIPT先進国です。

 

但しNIPTに関する最低限の知識は必要

一方、無認可施設の場合、事前の遺伝カウンセリングや検査後のサポートが弱いです。

 

NIPTの陽性結果がどのような意味をもつのか理解しないと、誤った判断をしてしまうリスクがあります。

( 岡山大大学院の中塚幹也教授の調査では、3.8%の人がNIPTの検査のみで妊娠を諦めてしまうと回答しています)

 

もちろん、無認可施設でも事前カウンセリングがあるところが多いですが、事前にNIPTの基礎知識を身に付けておくことをおすすめします。

 

詳しい内容は以下の記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

 

■NIPTの結果が陽性だった場合の対応

 

■ 無認可施設を選んで大丈夫?

 

まとめ

本記事のまとめです。

 

35才以上の方は、中電病院広島大学病院がおすすめ(認可施設)

35才未満の方、もしくは費用を抑えたい方は、かいせいクリニック(平石クリニック提携) がおすすめ(無認可)

 

35才以上の方は認可施設でNIPTを受けることが出来るので、上記大学病院がおすすめです。

一方で35才未満の方や、値段を安く抑えたい方は無認可施設がおすすめです。

 

検査自体は採血だけなので、最低限の知識さえあれば、無認可施設でもNIPT検査は問題無いです。

NIPTは10週以降の早い段階で受けることが推奨されています。

 

NIPTを受けたい方は以下のリンクから予約してみてみましょう。

(ネット上で簡単に予約が出来ます)

 

かいせいクリニック(平石クリニック提携)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました